5枚 【新宿ドゥースラー mix付 カナト画伯デザイン 飲食TICKET】

¥ 7,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

通報する

★1枚1000円としてご利用頂けます★
通常営業/ラウンジ営業/イベント営業
いつでもご利用頂けるTICKETです

★1枚に1mixのダウンロードコード付き★
TICKETは10パターン
新宿ドゥースラーに縁のある極上DJによる、
10mixよりお選び下さい!
1枚に付き、各DJのmixをダウンロード頂けるQRコードがTICKET内に付いています。

★カナト画伯の書き下ろしデザイン★
TICKETご利用後に回収は致しません。
カナト画伯のデザインTICKETを是非コレクションとしてお手元に!

◼️◼️◼️ご希望mixのDJ名の指定方法◼️◼️◼️
【購入手続き】に進んで頂きますと【確認画面】になります。このページ下方にあります【ご注文内容の修正】を選択すると、【入力画面】になり【備考】欄がございます。
こちらに、ご希望のDJ名をご記入下さい。
※ご購入頂くTICKET枚数と、DJ名の選択数が違った場合、ご確認の為のやり取りに時間を要してしまいます。必ずお間違えのないようお願い致します。

⚠️⚠️⚠️御注意下さい⚠️⚠️⚠️
下記の注意事項を必ず御一読頂き、
ご了承頂いた上、ご注文下さいますようお願い致します。

※TICKETのご利用開始日は通常営業再開予定の7月1日からです。
(新型コロナウィルス感染拡大の影響下につき、
国や都の要請により通常営業が再開出来ない場合もございます。その場合は、随時SNSにてご報告させて頂きます。ご理解の程宜しくお願い致します。)
※簡易書留にて発送致します。
ご注文から発送には10日程お時間を頂きます。
※ TICKETご利用の際、差額のご返金は出来ません。
(例:800円のお会計の際にTICKET1枚ご利用頂いた場合、200円のお釣りのお返しは出来ません。)
※QRコードのご利用は、TICKETをお買い上げ頂いた御本人様自らでお楽しみ頂けますよう、ご理解とご協力をお願い致します。
※ご購入頂きましたTICKETをSNSなどに掲載頂く場合、QRコードが写りませんよう、くれぐれもご注意下さい。
※発送方法は簡易書留を予定しております。
※商品価格¥7000+利用手数料¥500が含まれております。ご了承下さいませ。

◼️◼️DJ Profile & 御本人によるmix紹介/解説◼️◼️
(商品ページの最下部にて視聴版をお楽しみ頂けます)

★100mado
【Profile】
97年頃から関西を中心にraga jungle~abstract hiphopを織り交ぜたDJをスタートさせ、その一方でBusRatchなどの実験的なプロジェクトに参加。2001年、シカゴ現代美術館でのクリスチャンマークレーとの共演を最後にBusRatchを脱退。
2004年頃からDubstep、HeavyBassサウンドを追求するべくDJ百窓を開始。2006年、日本を代表するDubstepイベント・Back To Chillの立ち上げから参加。
新宿ドゥースラーでは2013年より平日バーイベント「新宿マドラウンジ」を開催。
ベース界隈以外にも多彩なゲストを招き夜の新宿を賑わしている。

【御本人によるmix紹介/解説】
長年色々な場所でDJをしているとたま~に「他じゃできない、その箱その瞬間ならでは」なmixが生まれます。
今回のmixはまさにそういう、ドゥースラーじゃないと組まれることが無かったイエガーショットフラワーエモドコスコハイウーロンドライグリーンカレーベース!な感じをギュっっっと詰め込みました^^
要約すると…(爆)
前半:Grimeとハーコーと(+ほんのりJungle)をmixした「Grime Core set」
後半:POPSとガバをmixした「おじさんLINE set」
以上!
気になったら即ポチってね\(^o^)/

★AMEMIYA KSK
【Profile】
DJ。山梨県甲府市出身。世界に溢れるアフロカリビアン・ミュージックにインフルエンスされた『今』の音を幅広い解釈で選曲し活動中。またコロンビアの名門レーベル「Discos Fuentes」の音源をセレクトしたクンビア・コンピレーション・アルバム「CUMBIAS CUMBIAS CUMBIAS CUMBIAS」の企画・監修・解説の執筆を行う。2012年よりオンライン・セレクト・CD/レコード・ショップ「discos PAPKIN」をオープン。2019年から、新たにレーベル部門を同ショップ内に立ち上げ、オリジナル作品の制作を開始。第一弾としてラテン・バンド、COPA SALVO の7インチを発売。ネット販売だけでなくカフェ、バー、クラブから野外フェスなどで出張販売も行っている。
http://discospapkin.com/
新宿ドゥースラーでは不定期開催中のGlocal Records のGENTA 氏、Soi 主宰、Dx氏との3人によるラウンジ、混ぜるな危険、そしてPAPKIN Lounge に出演中。

【御本人によるmix紹介/解説】
ロステキーラコークスというバンドの曲でShinkirou というのがあるんだけど、その曲をドゥースラーでかけた時にすごくあそこからの景色と合って、気持ちがよかったのを覚えてます。で、今回はそれを中心にして、クンビアからアフロ、バイレファンキなど、ここ最近の自分的に盛り上がってるところをセレクトしてギュッと詰め込んでみました。あのブースでDJしている姿を想像しながら。

★andrew
【Profile】
東京を拠点に活動する Producer / DJ
HipHopやR&B、DiscoやFunkを聴き漁った幼少期を経て、高校時代にMPC1000を購入。楽曲制作を始める。卒業と同時にクラブでのDJプレイも開始し、同時期に発足したレーベル『TREKKIE TRAX』では現在も主宰の一人を務めている。
レーベル運営をするかたわら『ULTRA JAPAN Fes 2015』といったビッグフェスへの出演も果たし、B2Bユニット「TREKKIE TRAX CREW」のコアメンバーとしては日本各地やアメリカ、台湾へのツアーも敢行。現在は毎週末東京のパーティの第一線で活動しながらも、自身のルーツと今のムードに向き合うべく2014年には毎月第二木曜日にバー&サウンドスペース「新宿ドゥースラー」にてレギュラーパーティ『ANDREWラウンジ』をスタート。「温故知新」を常に掲げた真摯なプレイスタイルはローカルなクラブからも高い信頼を獲得している。
楽曲制作の分野で頭角を表したのはFinlandの老舗レーベル『Top Billin』のコンピレーションへの参加がきっかけであった。2014年にリリースされた「Funky Beatz」はSkrillexの主催するレーベルOWSLAの傘下メディア『NEST HQ』にレビューが掲載。翌年リリースされた「Gear Up」はDubstepやJukeの世界的な認知に深く貢献したレーベル『Hyperdub』のラジオショーや、英国の国営放送局『BBC Radio1』でもプレイされ、国内外問わず通用する楽曲であることを証明してみせた。
もちろん国内アーティストからのラブコールも熱く「Part2Style」「80KIDZ」「Nature Danger Gang」「Carpainter」「4s4ki」「Peavis」にはオフィシャルRemixを提供。また2018年にはHIPHOP ユニット「TENG GANG STARR」のバックDJを担当し、現在は後にソロデビューしたラッパー「なかむらみなみ」のトータルサウンドプロデュースも手がけている。
またその活動はラジオパーソナリティにまで広がり、日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局『Block.fm』にてTREKKIE TRAXのSeimei&Taimeiと共に番組『Rewind!!!』を2013年末よりスタート(2018年より『TREKKIE TRAX RADIO』に改名)。今や日本のクラブミュージックシーンのキーパーソンとも言える存在である。
[ANDREW LOUNGE]
週末のパーティへの出演やレーベル「TREKKIE TRAX」を運営するかたわら、自身のルーツや常に更新しつづけるムードと向き合うべくスタートした「ANDREWラウンジ」は6年目を迎えた。毎月第二木曜日の新宿ドゥースラーでのレギュラー開催。平日バータイムでのプレイということで空間のBGMという側面を踏まえつつ、その場、その時でしか味わえない新鮮な音楽体験を提示し続けている。

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title: 『ANDREW LOUNGE JAMZ Vol.1』
ANDREW LOUNGEでヘビープレイしている楽曲を収録したMIXシリーズ第一弾!
自身としても9割以上Vocalのある楽曲をセレクトするのは初となる今作。SlowなFunkやR&Bから始まり、近年のDanceHallやAfropopなどを通過したあとに行き着く先は…。自身や関連アーティストの未リリースのEditなども収録。

★Dahma
【Profile】
新宿ドゥースラーでは、スカフレイムス・石川道久氏主催の「river.s.tone」等、主に第四日曜日のラウンジを担当

【御本人によるmix紹介/解説】
聴き覚えのあるジャマイカンソウル&ジャズセレクション

★DJ MORO
【Profile】
横浜在住。都内中心に全国各地で活動中。
即興型LIVEテクノユニット”テクノウルフ”、南アフリカのGQOMを中心としたパーティー”TYO GQOM”や”GQOMZILLA”の一員としても活動中。
また新宿ドゥースラーにて土着的な音楽を気持ち良くお届けする”MARGINAL LOUNGE”を不定期開催中。

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title:『MARGINAL LOUNGE MIX』
MARGINAL LOUNGEでの一夜の選曲をギュッと詰めた内容となっております。
DUBやAFRO、NEW WAVEから和物などお気に入りの曲ばかりなので、のんびり楽しんで頂ければ幸いです。

★DOSHO
【Profile】
新宿ドゥースラーにて、第一金曜日mooring loungeを開催。
reggaeを中心としたisland musicから時にはjazzやhip hop等オールジャンルな曲で季節や気候の匂いを感じ取れる様な選曲を心がけて毎月お送りしています。

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title:『mooring』
jazzをベースに様々なジャンルのbeatを集めたmixです。
更に特典としてyotch(myojin crew)によるmixの為の動画と、ある名曲のloversカバーも付いています!

★Dx
【Profile】
90年代初頭にレアグルーヴDJとして活動を開始後、90年代半ばにジャングルに傾倒し、97年に今なお続き24年目に突入した“野蛮ギャルド”なドラム&ベースパーティSoiを始動。ベースラインを数珠つなぎで自由自在に操り、フロアから二度と抜け出せない“ベース蟻地獄”に陥れるドープなミックスを武器に、これまでありとあらゆる重低音イベントに出演してきた。04年にはUKレーベル〈Eastside〉から12インチをリリース。その後も国内外レーベルからのリリースに加え、日本人ドラム&ベース・コンピ 「Tokyo Rockers」のディレクションや数々のリミックスワークなど制作活動も精力的に展開。
現在はSoiやBS0でのDJ活動を中心に、ドラム&ベース/ジャングルのみならず、ダブステップ/ジューク/ジャズ/ワールドミュージックまでBPMやジャンルを越境する独自のサウンドを追求しつつ、日々止むことのない重低音ライフを送っている。
新宿ドゥースラーでは、BARカウンターの前から二度と抜け出せない、香り立つ沼系ラウンジスタイルのDx Spice Loungeを不定期で開催中。

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title:『Dx Spice Lounge Mix』
普段のDJセットでかけているドラム&ベース/ジャングルではなく、新宿ドゥースラーで開催しているDx Spice Loungeでかけているチルでダビーでワールドな音楽の一部を切り出しました。

★NOOLIO
【Profile】
レコードショップスタッフ(0152 Records)、レーベル運営(PART2STYLE)、レコード会社勤務を経て、2018年に自身の新レーベル〈ARRROUND Wicked Sound Maker〉を始動。DJ歴25年。レゲエをベースに古今東西の音楽をMIX UP、時空を超えたロマンを街角で鳴らしてNICE MOOD創り。吉祥寺bar Cheekyでのレギュラーパーティー〈SIDE.C〉を主宰、レーベルからは自身の「SIDE.C Classics」シリーズを始め、ピーチ岩崎、Daddy-KanのMIXCDをリリースしている。2020年はMIX作品に限らずVinylやデータ、音楽/サウンドの周辺(ARRROUND)のグッズなど様々なフォーマットでの活発なリリースを予定している。
ドゥースラーでは今年こそラウンジスタイルで何かできたらいいですね!

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title:『VERSION GALORE ver. 2.0.2.0』
VERSION〜DANCEHALL DUB〜B-SIDE MADNESSをテーマに、パンデミック下のTOKYO2020でRECしました。

★SYNDROME
【Profile】
SKETCH UP! Recordings / ROCK UP HARD CREW所属。2007年より楽曲制作を始め、2009年にDJとしてのキャリアをスタート。
2012年に活動の幅を広げるべく地元沖縄を離れ関東へ移住。
"Rave & Bass"を主眼に置いた独特の選曲センス、ミックススキルは高い評価を得ており、ハードコアレイブシーンにおいては「WEEKEND RAVERS」、ベースミュージックシーンにおいては「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」、「BassM8」等への出演を果たしている。
自身の楽曲においてはMaozonとの合作曲「Skylarking」がドイツのドラムンベースレーベル「Phantom Dub Digital」からリリースされ注目を集めた。

【御本人によるmix紹介/解説】
ドゥースラーで開催させて頂いているパーティー、「ROCK UP」における自分のプレイをパッケージングするイメージで録りました!
前半はJump Up、後半はJungle、Ragga DnBという流れもいつものROCK UPそのまま!
MC STONEのサイドキックがないのが寂しいですが、それはまたパーティーができるようになった時のお楽しみということで。
一刻も早くまた現場でみんなと大はしゃぎできる日が来ることを心から祈ってます。

★v.o.c tokyo
【Profile】
SNS上で日々増殖する謎のJuke/Footwork大好き集団 Vibes Only Crew。
「名前のところに(v.o.c)ってついてる人多いけど、なに?」とTwitterでも話題の彼らは、客・DJ・トラックメーカー・ダンサーの隔たりなく日本各地に存在し、高いバイブスと確かな音楽性をあわせ持つ、Juke/Footworkを楽しむことにかけてはまさに“死角なし”の集団。
関東圏在住メンバーによるB2Bユニットv.o.c tokyoは都内を中心に活動中。主催パーティー「v.o.p」は新宿ドゥースラーにて不定期開催中。

【御本人によるmix紹介/解説】
mix title:『Vibes Only Cheers mix』
v.o.c tokyoは普段打ち合わせ一切無しの一発勝負B2Bですが、緊急事態宣言中という事でメンバーそれぞれのミニミックスを一つにまとめる形で作りました。
新宿ドゥースラーさんでv.o.pというパーティーを開催させて貰っていますが、パーティー前半のアゲ過ぎない感じが出てると思いますので、家や外出時など色々な場所で聴いて貰えたら嬉しいです。
そしてパーティー後半の大爆発感は、次回開催時に美味しいお酒とフードも込みでみなさんと一緒に味わえればと思います!またドゥースラーさんで乾杯(Cheers!)しましょう!!